ダイレクトメールは、集客に有効な手段の一つですが、ダイレクトメールという単語をよく耳にすることはあっても、そもそもよく分かっていない、上手く活用できていない、どんな風に使えば良いか分からないという人も多いと思います。そこで、ダイレクトメールとはどんなものなのか、また、売り上げを上げる活用法とはどのようなものなのかを説明します。ダイレクトメールは法人個人問わず送られてくる商品のカタログや案内のことです。DMと略されることが多いです。ダイレクトメールは、リピートしてくれる人を増やすことを目的として使用されます。その他、新規の顧客獲得、見込み顧客に接触するため、などの目的もあります。しかし、チラシに比べると費用が掛かるため、新規で顧客を獲得するよりもリピーターを増やすための施策を行う事が多く、費用対効果も高いようです。

ダイレクトメールを使うメリット、デメリット

ダイレクトメールのメリットは、大きく3つあります。伝える情報量を増やすことが出来る、反応率を計測することが出来る、企画やデザインの工夫次第で反応率が上がる、の3つです。カタログや小冊子にして顧客に贈ることが出来るので、たくさんの情報を伝える時に大変便利です。ダイレクトメールにクーポンなどを付けた場合は、その効果を測定することが出来ます。郵送で送るダイレクトメールは、反応率を高めるためにデザインや企画に凝って施策を進めることも出来ます。デメリットの一番大きな点は、コストが掛かることです。発送料に加えて、デザインや企画にこだわることも出来るためです。また、チラシなどは顧客の住所を知らなくてもポスティングが可能ですが、自社の顧客情報を把握していないとダイレクトメールは送ることが出来ません。従って情報を収集するのに時間が掛かります。

ダイレクトメールが合う業界と活用法

ダイレクトメールも業界によって合う、合わないがあります。ダイレクトメールが合う業界は、リピート率の高い業界やイベントや展示を開催する業界です。例えば、通販業界はリピート率を高めることが出来る業界です。リピート率を高めることが出来ると売り上げも上がります。このリピート率を上げるために通販業界ではダイレクトメールが活用されています。顧客向けに特別なクーポンを付けイベントの来場率を上げるためにダイレクトメールを使う企業も増えています。来場した際に特典をプレゼントすることで来場率がアップします。家電量販店などもイベントを行う際にはダイレクトメールを使っています。ダイレクトメールは、実際に発送するまでには、手間が掛かる方法に思われがちですが、しっかり手順を踏んで行うことが出来れば、リピーターの確保に繋がり費用対効果の高い手法ですので売り上げアップのために是非活用してみて下さい。