ダイレクトメールを送付するのであれば、なるべく安く発送し、内容に合わせた最適な方法で開封率を上げたいと、どの企業の方も考えていると思います。そんな企業の方が少しでも得を感じてもらえる方法をご紹介します。ダイレクトメールを各送付先に発送する場合、発送費を考えなくてはなりませんし、場合によっては高くなってしまう事があります。ですが、ダイレクトメールを発送するのではなく、届ける商品に同封したり納品書や請求書などと一緒に同封して発送する事で、ダイレクトメールとしての発送費を0円として発送する事が可能となります。また、必ず開封するものに同封する為、情報を見る事が増える為開封率を上げる事としても効果を発揮します。発送費を少しでも抑えたいと考えている方は、このような方法で送る事ができる相手先がいる可能性もある為、再確認をオススメします。

ダイレクトメールを少しでも安く発送するためには

ダイレクトメールを発送するのに、少しでも安く発送できればコストカットができますが、その方法をいくつかご紹介します。まずは圧着ハガギを利用する事です。圧着ハガギは通常のハガキサイズになるように二つ折りや三つ折りされ圧着したハガキの事で、発送料金は通常のハガキと同じですが通常のハガキよりも多くの情報を記載する事ができます。また圧着されて中身が見えにくいので個人情報が漏れにくいのも人気の理由です。他の方法として共同DMのような複数社のDMを一つの封筒にまとめて発送する方法です。発送会社の所有するリスト先へ送付する為、見込み度の高い企業などをリストアップしていたりするので、より効率的に安くダイレクトメールを送付する事が可能となります。他にも受取人の住所を表すバーコードを表記する事で送料が5%割引となるサービスもあるので少しの事でも安く利用したい方にオススメです。

ダイレクトメールを活用し反応率を上げる為の方法とは

ダイレクトメールを発送したものの、全く反応が無いようであれば送る意味がありません。少しでも開封率を上げ、より多くの方に情報を届けたい、反応してもらいたいと考える企業は少なくないと思います。反応率を上げる為の方法として様々な仕掛けが必要となります。まずダイレクトメールの封筒を透明にする事です。一部を見えない状態にする事で受け取った方が気になれば開封へと繋がります。開封方法にも仕掛けが必要です。糊でしっかり止められている封筒は開けにくく、ハサミを使用するには面倒でそのままにしてしまう事がありますが、ミシン目を入れる事で封筒が開けやすくなり開封率が上がります。封筒に透明窓をつける事で何かが見えて気になって封筒を開封するという事もできます。宣伝したい商品などの価格や内容に関連のある化粧品やサプリなどのサンプルや小冊子、ボールペンなどを同封するのも反応率が上がるポイントになります。